FLOOR MAINTENANCE

当社が目指す
フロアメンテナンス

業務案内 業務案内
フロアメンテナンス

当社のフロアメンテナンスは常に最新の技術とより低環境負荷、高品質、作業性に優れたケミカルの追求を日々実践することで、お客様に『最高の品質サービス』を提供することを目的に取り組んでいます。

ビルクリーニング技能士監修による実技試験用コートでの新人研修風景

自社ビル内には厚生労働省認定国家資格である『ビルクリーニング技能士』の実技試験用コート併設することで、新人研修はもとよりフロアーケミカルの品質検証を行い、よりプロ意識の高い技術スタッフ育成に重点を置いています。

  • 除塵作業
    除塵作業
    洗浄前の除塵作業は大切な工程のひとつです。
    ダスターにて隅々までごみや埃を取り除きます。
  • 洗浄作業
    洗浄作業
    床材の汚れに適した洗浄用パッド、ケミカルをプロの知識と経験により選定し、状況に合わせた適切な作業方法にて洗浄します。
  • 汚水回収、拭き上げ作業
    汚水回収、拭き上げ作業
    バキュームにて洗浄汚水回収後、モップにて残留汚水の中和、拭き取りを行います。隅々まで丁寧な作業を心がけています。
  • ワックス塗布作業
    ワックス塗布作業
    お客様の施設、用途に合わせた適切なワックスを選定し、プロの技術によりムラ無く均等に塗布します。

また、ビルクリーニング技能士、清掃作業監督者、作業品質インスペクター等の資格者がご契約頂いている施設に赴き、定期的に品質インスペクションを行い、状況に合わせた品質改善・改案を行うことで、お客様のニーズ・期待に応えるため日々努力しています

ウェットメンテナンス

毎日歩行する床はその度に摩擦により傷がつき、そこに汚れが付着することにより美観を損ねてしまいます。床の磨耗を防ぐ為には床材にはワックスを塗布し、床材の保護と美観を維持する必要があります。その方法は様々。それぞれの利点を生かしお客様のニーズにあったメンテナンスを提案させていただきます。

ウェットメンテナンス
従来の維持管理方式で定期的に表面の汚れを洗浄した後にワックス塗布を行い、日常的に除塵やモップによる汚れ除去を行います。歩行や荷物の移動などでワックスが削れ光沢が減ったり汚れの蓄積がひどくなる前に次の洗浄ワックス作業を行うのが望ましく、年に数回の定期的な手入れが必要になります。
作業から作業までの間隔が長い場合、もしくは定期的な作業を行っていない場合など汚れの蓄積が進んだ状態ですと一度古いワックスを剥離作業で取除き汚れを除去した上でワックスを塗布することにより、元のきれいな床の状態に近づけます。小規模な事務所から大きな施設まで単発でも継続作業でも対応できます。
規模や使用頻度により変わりますが定期的な洗浄ワックス作業を数回行い1~2年に1回の剥離作業を行うことにより常的な手入れもしやすく、美観の維持のほか建材の保護が長期的に保たれます。
  • 1.養生作業(荷物の移動含む)

  • 2.除塵作業

  • 3.洗浄作業(汚水回収・モップ拭き含む)

  • 4.ワックス塗布作業(乾燥含む)