ビルマネジメント・総合清掃・設備管理・警備などを行う総合管理業株式会社共同 求人情報掲載中!

ニュース

ニュース

フルハーネス型堕落制止用器具特別研修を実施しました

2019年7月30日

201921日より労働安全衛生法施行令等の改定が行われ、これまで高所作業時の墜落防止に使用されていた「安全帯」は「墜落制止用器具」と名称を変更され、フルハーネス型の墜落制止用器具を使用しなければならないと義務付けられました。

 

フルハーネス型墜落制止用器具を用いる業務に従事する者については安全のため特別教育が必要となり、既にフルハーネス型墜落制止用器具の特別教育を受講し、十分な知識、経験を有する本社職員が講師となり、本社業務課スタッフに向けて特別教育を行いました。

 

特別教育内容として、フルハーネス型墜落制止用器具の構造や使用方法、労働災害の防止に関する知識から労働安全衛生法などの法令関係、更に実際にフルハーネス型墜落制止用器具を装着した実技と安全衛生特別教育規定に則した内容を実施しました。

 

共同グループ3社が「ゼロ災運動推進宣言事業所」として労働災害撲滅のため、今後も従業員教育に努めて参ります。

 

       ①.JPG         ②.JPG

 

Copyright(C) KYODO CORPORATION All Rights Reserved.